HOME > 新着ニュース > 2021年度

ニュース

2021年度

2022年01月28日
IVIS講習会を開催しました【1/18火・1/27木】

本年度も動物資源部門と合同で、2回のIVIS講習会を開催しました。
多数の方にご参加いただき、ありがとうございました。

************************************************
IVIS Imaging Systemは生体内の非常に微弱な発光や蛍光を超高感度CCDカメラで捉え、定量 化できる光 in vivo イメージングシステムです。発光イメージングは、遺伝子のレポーターアッセイに広く利用され、目的とする遺伝子にルシフェラーゼを組み込んだ細胞や動物を作製し、遺伝子が発現する際に発せられる光を捕捉します。捉えた光はソフトウェアによってデジタル処理され、擬似カラーで表示されます。蛍光イメージングでは、レポーターとして蛍光タンパク質を導入した細胞や動物の観察、蛍光物質などで標識した薬剤や抗体が発する蛍光の追跡が可能になります。本機を用いることで同一動物のリアルタイムな生体反応を経時的に観察することが可能になります。 
この度、動物資源部門と合同でIVIS講習会を開催することとなりました。
本機を用いた実験を検討されている方、興味のある方、また日頃本機をご使用されている中で使 用方法に疑問点がある方にも専門家に直接質問することができるまたとない機会となりますので 是非ご参加ください。 

日程:2022年1月18日(火) 2022年1月27日(木)
講師:住商ファーマインターナショナル株式会社 宮原 瞳

内容:
10:30~12:00 座学:in vivo光イメージングの基礎
13:00~14:30 実地講習①:IVIS Lumina(動物資源部門設置機器)
               装置立上~2D蛍光発光
15:15~17:45 実地講習②:IVIS Spectrum(光・放射線j情報解析部門設置機器)
               装置立上~3D蛍光発光
※両日とも同じ時間帯で実施します。講習内容も同一です。

本セミナーは社会的情勢を考慮して、Google meetを用いたWebセミナー形式で行います。 実地講習は使用を予定している機種のみ受講して頂ければ結構です(両方受講しても構いませ ん)。各自研究室等で受講してください。受講申し込みをされた方には後日参加に必要な招待メールをお送りいたします。

申込方法:メール本文に、所属、氏名、職名、メールアドレスをご記入の上、下記の申込受付メールアドレスまでお送りください。尚、メール件名は「IVISセミナー申し込み」としてください。準備の都合上、期限内のお申込みをお願いします。

申込受付メールアドレス:mfujii@md.okayama-u.ac.jp

申込期限:2022年1月18日実施分:2022年1月7日(金)
     2022年1月27日実施分:2022年1月19日(水)

参加費:無料

本件担当:動物資源部門鹿田施設 藤井様

PDFファイル

< 一覧へ戻る

ページの先頭に戻る